趣味の炊き合わせ

フィギュア原型師が好きに色々な事をするブログです。
<< 小愚痴とガチャ遊び | main | 艶めかしさ・・・ >>
原型回顧録 ゆきかぜ編 最終回
0
    ゆきかぜ回顧録も今回いよいよ最終回、

    日付は3月6日、
    前回から約1ケ月ちょっと、それだけ経ってるという事は
    色々あったのでしょう、パッと思い浮かばいという事は・・・・



    きっと大変だったのでしょう、


    兎も角その間、黙々と表面処理作業も終わらせて、

    遂に原型の完成です!
    DSC_0009.JPGDSC_0010.JPGDSC_0011.JPGDSC_0012.JPGDSC_0014.JPGDSC_0058.JPGDSC_0060.JPG


    まずは一応完成画像を、
     
    ゆきかぜのパーツ数は
    約60パーツ、表面処理作業としては大変な部類になるかな。
    個人的な話だけど

    パーツ数30まで  普通
    パーツ数30〜45  ちょっと大変
    パーツ数50超え  大変
    パーツ数60以上   覚悟を持てい。

    ぐらいのつもりでやってる、

    パーツ数は複製しやすいようにというのが前提になるので
    必ずしも想定していた数字になるものじゃない、
    表面処理直前になるまで読めない所があるんだよね、
    ここは決め事を作ったら駄目な場合もある事だから、
    結果を受け入れて次に進むしかないよなぁと思ってます。


    それじゃ、今回はパーツ表を出してみましょうかね。

    DSC_0294.JPGDSC_0295.JPGDSC_0296.JPGDSC_0297.JPGDSC_0298.JPGDSC_0299.JPGDSC_0300.JPGDSC_0301.JPG



    なぜこういう何かの枠に収まった写真かというと、

    これは複製での型埋めの検討用に撮った写真で、

    無論、このまま型に埋めてるわけではないんだけど・・・
    ・・・まぁ、この辺の話はそのうち
    加圧脱泡を解説する場所を設けようと思ってるんで
    その時までのお楽しみ。



    表面処理の仕方、し易さは人それぞれ、
    俺は表面積の大きいパーツから初めて
    最初は苦労して後は楽をしたいタイプなのは相変わらず。

    表面積の量とはどのくらいか写真ではわからない?
    そりゃそうだ、表面積の多さは作ってる俺にしか、その原型師にしか
    分からないもの、
    ここまで数か月付き合ってるんだ、お互いにしか分からない事なのさ。

    なんてよく分からない事を言いつつ兎に角磨く、分割面は程々に、全ての面を磨く

    人に聞いて比べると俺はどうも爪を使って磨いているようで、
    60パーツを超えると親指の爪の横が殆どなくなる、
    そうなると直ぐに痛くなるような事はないけど
    ジワジワと痛む。
    ヤスリのかけ方に問題があるんだと思うけど、
    この方がやり易いので変われるなら変わるが、
    それまでは持てる手札で頑張るしかないだろう。


     
    とはいえ、変わった事もあってだね。
     
    何年か前は表面処理の時には顔のパーツはわりと最初の方に磨いてたけど
    この頃からだろうか、出来る事なら顔は最後に磨くようになった気がする。
    なんでかっていうと、顔作るのが楽しくなってきて、そうなると
    顔を仕上げるというのが、最高のメインディッシュという感覚になりつつ
    プラス、集中を要する部分なだけに、顔の表面処理は朝一番の
    最も集中力が高まる時にやりたいという心境の変化が生まれたんだと
    思う、多分w。


    そしてゆきかぜの原型は完成しました。

    1つの作品にこれだけの期間をかけるというの普通あんまりないし、
    様々な事がありました。

    ショッキングな出来事といえば、
    仕事のメールをケ月で無視されるという、冗談としか言いようのない
    事件もあったけど(連絡は届いていたが無視という劣悪さだった)。


    それは置いておいて、このゆきかぜを作った事で得られた経験は
    凄まじく。

    成功した事、そして反省しなければいけない事、その全てが
    今に生きている、といっても過言ではないほどの経験を得られました。

    もしかしたら当時の自分の技量としては相当に背伸びをした、
    もしくは背伸びしたけど
    きちんと目標に届いていなかった作品なのかもしれません、

    しかし、この時の自分は目標を立て、作品をより良くしようと考え続け、
    七転八倒して間違いなく全力を出し切ったと一年以上たった今でも言い切れる
    作品だと思っています。


    全力を出し切る、というのは言葉では簡単ですが、
    それは個人であれ、商業であれ
    事前の準備や状況、タイミングで相当変わるもののようです。

    でもそんな中条件が揃ってこの水城ゆきかぜを作れた自分は
    とても幸運だったと思います。


    そんなゆきかぜ回顧録、今回で終了です。
    必要な人に必要なものが得られたならば幸いです。

    そしてこれまでのお付き合いに感謝致します。


    お疲れさまでした!

     
    | あキゾウ | 原型回顧録 | 00:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
    お疲れさまです。
    ユキカゼ購入・組ませて頂きました。
    本当に素晴らしい出来と、信じられない精密さ、パーツ数で自分の中でも最大の組み立てでした。
    また、素晴らしい作品を期待しています。
    | sena | 2017/11/04 1:28 AM |
    >senaさん

    ありがとうございます!、

    大変だったかと思いますが、
    組んでいただけたというご報告、とても嬉しいです!。

    | あキゾウ | 2017/11/10 11:53 PM |









    http://akizou.jugem.jp/trackback/269
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本ブログについて
    あキゾウが フィギュア作ったり、 プラモ作ったり 材料や工具の話とか、 本や映画の事とかの趣味を 気分次第で綴っていくブログです。
    + ご連絡
    poriesunin☆yahoo.co.jp    困ったメール防止の為、 ☆の部分を@に変えてください。 ご意見ご感想、仕事の依頼など こちらへお願いします。
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE